修繕の知識初めて大規模修繕をご検討されている方はぜひお読みください!

外壁や屋根・防水などのメンテナンスをして、マンションの耐久性を確保しないと損をするという話を聞くと「そうなの?」と疑問に思われるかもしれません。
メンテナンスは劣化している箇所を補修して、見た目を良くするだけだと思われているオーナー様は多いと思います。
築15年を経過しても「まだ大丈夫だ」と思って放置してしまうケースがよく見られその結果、メンテナンスを放置したことにより劣化の進行具合が思った以上に進み、多額の費用がかかって後悔される方もいます。
初めての大規模修繕では「どこ直したらいいの?」と戸惑う方も多いため、管理会社や元施工の会社に任せきりにしてしまうことがあります。知らず知らずに高い費用になってしまい、「何にどれくらい費用がかかっているのかがわからないままになってしまった!」といったことがないように、まずはオーナー様に自分自身で情報を集めてもらい大規模修繕を知っていただきたいです。

失敗しない大規模修繕を
するための
3つのチェックポイント
POINT

  1. マンション・アパートの修繕・防水する場所を知る!

    大規模修繕は一括りで行うものではなく、劣化の状態を確認して行う必要があります。
    一度に全部行えるといいですが、そうすると費用も高額になります。現状の劣化状況ではまだそこまで改修工事の必要がないのでれば、時期を先延ばししても問題ありません。
    しかし、その劣化状況をオーナー様が判断するのは難しいです。だからおおよその時期になると無料診断を行うことをおススメしています。その診断はプロに見てもらうことが重要です。プロとは塗装や防水で修繕を専門に行っている業者のことです。餅は餅屋と言われるように専門工事のプロが見るのが一番正しい判断をしてくれます。もしかしたら劣化がそこまで酷くなければ少額の費用で済むこともあります。
    その際に、価格についても気になると思います。そこで私たち「オーナー様の修繕窓口」はわかりやすくパック商品にしてメニューにしております。

    オーナー様の修繕窓口 商品メニューはこちら

  2. マンションのメンテナンス時期を知る!

    それではどのタイミングで大規模修繕をするべきなのでしょうか?これが弊社「オーナー様の修繕窓口」に寄せられる多いご質問です。 多くのマンション・アパートの場合、上記のような現象が起きます。雨漏りすると部屋の天井やクロスに雨跡がつくので分かるでしょうが、そのほかのシーリングの破断、コケや藻がついている、外壁がひび割れしている、外壁や屋根が色あせしている、塗装がはがれてきているといった現象面については注視しないとなかなか気が付きにくいものです。住民の方から指摘をされてから行ってもクレームのもとになります。またタイルの浮きなども放置しておくと剝落の危険が起きます。このような現象については、即修繕が必要なものと、まだ修繕をしなくても良いものがあり判断に迷う事が多いのが事実です。

    こんな症状でお悩みの方はお気軽にご相談ください

    • 色あせ・コケ

      ★★

    • シーリングの劣化

      ★★★

    • ひび割れ

      ★★★★

    • 塗装の剥がれ

      ★★★

    • タイルの欠損

      ★★★

    • 漏水

      ★★★★★

    外装劣化度
    チェック

    赤外線 外壁調査

    工期・費用面で注目されている調査方法が、赤外線外壁調査です。特定建築物調査時にも使え、高所でも足場を組む必要がない為、足場費用もかからず低コスト、スピーディーに外壁の前面を調査する事が可能です。

    ドローン 外壁調査

    最も新しい調査方法が、サーマルカメラ搭載のドローンによる赤外線外壁調査です。足場を組む必要がなく、超高層ビルでも調査することが可能です。地理的・物理的に調査可能な建物であれば、効率的に調査ができます。

    そこで私たち「オーナー様の修繕窓口」では、星マークが多いほど即修繕が必要なものとしてアドバイスをしています。
    一見すると、外壁についているカビや苔、藻はそこまで大した事がないように思えますが、実は早急に修繕をした方が良い部類になるので注意が必要です。多くの方は知らない事が多いのですが、外壁についてコケや藻は外壁の塗膜を劣化させることはもちろん、外壁材の中にも侵入し、その内部でも繁殖を繰返していくため、一度出始めてきたら早めに根こそぎ除去する必要があるのです。そして、除去が終わったら塗装をしてカビや苔、藻が繁殖しないように塗装してあげる必要があるのです。このようにそこまで必要のなさそうな現象でも大変なことになりますので、早め早めのメンテナンスや対処が建物を長持ちさせることにつながるのです。

    オーナー様の修繕窓口 外壁診断はこちら

  3. 中間マージンのない
    創業の長い地元会社を選ぶ

    大規模修繕が必要な理由は上記で分かった事と思います。
    横浜市や川崎市で大規模修繕をご検討されているオーナー様のお悩みや質問で次に多いのが、「業者の選び方」です。

    それではなぜ悩むのでしょうか?

    多くは「どこに頼んでいいのかわからない」「費用をできるだけ抑えたい」というものが多いと思います。
    そこで横浜市や川崎市などで大規模修繕を行っている業者を詳しくお伝えさせていただきます。


    大規模修繕をする業者は大きく分けて
    4種類あります

    • 施工店・ゼネコン業者
      収益物件を立てられた会社やゼネコン・工務店と呼ばれる業者は総合工事が得意です。
      複数の業者の施工管理を行い、工期通りに施工させていきます。
    • 賃貸管理会社
      オーナー様と接点が多い賃貸管理会社です。日々の悩みを相談すると解決してくれる存在ですが、自社施工しているところはほぼおらず、下請けに依頼しているケースが多くなります。
    • 大規模修繕コンサルタント
      大規模修繕に特化したコンサルタントがおり、業者の選定なども行ってくれます。多くのコンサルタントは自分の知っている会社を選んでおり、適正な判断なのかを見極める必要があります。
    • 塗装専門店
      個人の塗装店から下請け業者に丸投げしているケースと大小様々な塗装会社があります。
      塗装会社に応じて、得意な工事が変わるので、それぞれの会社の得意な建物を確認しましょう。

    この4つの業者の中で、一番気を付けてもらいたいことが「中間マージン」です。
    中間マージンとは、施工している業者と発注している業者が違うことにより中間手数料が発生することです。
    複数の工事を行う時は、業者が多数いるので中間マージンが発生します。
    しかし、大規模修繕を行う際はそこまで大きな工事ではないので、専門店にお願いすることがお得にできるポイントになります。
    詳しく図で解説するとこのようになります。

    中間マージン発生の図

    中間マージンが無い方が同じ工事でも費用が安くできます。しかし、ここで不安なのが、どんな会社に発注したらいいかわからないケースです。よくわからない会社は怖いですよね。選ぶポイントは、創業が長く、地元に密着している会社を選んでください。なぜなら、大規模修繕は、一度でなく、何度も行うことが多いです。前に頼んだところが倒産してしまってとなっては意味はないです。
    また、アフターフォローのことも考えて、地元密着の企業はフットワークが軽くすぐに対応してくれます。
    ぜひこの観点で調べてみてください。その1社に私たちも検討してもらえると幸いです。

    オーナー様の修繕窓口 会社紹介はこちら

以上、お得に失敗しない大規模修繕のチェックポイントをお伝えさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

もっと知っておいてほしい事はたくさんありますが、あまりに多くの事をお伝えしても分かりにくくなるため、要点を絞って掲載させていただきました。最後までお読みくださり誠にありがとうございました。

分からない事やご不明点などございましたら、オーナー様の修繕窓口までお問合せください。
大規模修繕の専門スタッフがお客様のお悩みや不安を一緒になって解消できるようアドバイスさせていただきます。もちろん無料です。その相談に乗ったからといって、強引な営業、無理強いは絶対に行いません。



ご不明な点などございましたら、
お気軽にぜひ一度ご相談ください!

お気軽にメールお電話ください!

お気軽にご連絡ください

ご相談お見積診断無料です。

0120-01-7757

メールでお問合せの方はこちらから▶︎▶︎▶︎

見積依頼・メール問合せはこちら

絶対に損はさせません!後悔しないためにも
他社と見積りを比較してください!